スバルフォレスターVSマツダCX-5の比較情報! どっちが好み?

フォレスター

広々とした車内空間が魅力のSUV。

同じ車格のスバルフォレスターとマツダCX-5ではどっちがお好みですか?

価格、大きさ、燃費などから2車種の比較をしてみたいと思います。

スバルフォレスターVSマツダCX-5の価格を比較!

 

スバルフォレスターとマツダCX-5の価格

引用:https://www.subaru.jp/  引用:http://www.mazda.co.jp/

・スバルフォレスター:2,808,000円~3,099,600円(消費税8%込)

・マツダCX-5:2,570,400円~3,877,200円(消費税8%込)

 

上位モデルに大きな価格差がありますが、これはマツダCX-5に特別仕様車があるためです。

各グレードのベーシックモデルで最も価格が高いのは”XD”の4WDで31,104,000円ですから、スバルフォレスターのAdvanceモデルと大差はありません。

 

こうしてみてみると、乗り出し価格は20万円以上差がありますね。

では何故これほど価格差があるのでしょう?

 

マツダCX-5のほうが安い理由としては、廉価な“2WD”モデル(FF)が存在することが関係しています。

上記の2,570,400円という価格は2WDの設定しかない20Sグレードの価格となっています。

 

言うまでもなくスバルフォレスターの駆動型式はAWD、つまり4WDですね。

 

引用:https://sp.subaru.jp/feature/driving/

 

同じ条件で比較しようとすると、マツダCX-5では”25S””25T”、”XD”グレードに4WDの設定があります。

 

この中で最も廉価な“25S”は2,797,200円となっていますので、スバルフォレスター“Touring”との価格差はわずか10,800円

2WDで良いという人にはCX-5の方が予算を合わせ安くなっているかと思います。

 

しかし、降雪地にお住いの方ですと「4WDでなくちゃダメ」という方も多いのではないでしょうか。

オールシーズン、安心して走行できるのはどっちか?という点で比較すると、やはり4WDに軍配が上がりますよね。

 

価格はほぼ一緒、排気量も2.5Lで一緒となると、あとの決め手は“スタイリング”ではないでしょうか?

スバルフォレスターを基準に、比較対象となりそうなグレードをピックアップしてみたいと思います。

 

グレードごとの比較

 

引用:https://www.subaru.jp/  引用:http://www.mazda.co.jp/

Touring:2,808,000円(税込) 

25S:2,797,000円(税込)

スタンダードモデルでの比較ですが、大事な装備が省かれているわけではなく、基本性能と総合安全をしっかり備えています。

 

 

引用:https://www.subaru.jp/  引用:http://www.mazda.co.jp/

Premium:3,024,000円

25S PROACTIVE:3,029,400円

フォレスターのPremiumグレードは、Advanceの装備に加え、ステアリングヒーターやアイサイトセイフティプラスなどの上級装備が追加されたグレードです。

一方、CX-5のPROACTIVEグレードは25Sの装備にアダプティブLEDヘッドライト(ALH)や交通標識認識システム(TSR)、レーンキープ・アシスト・システム(LAS)が追加となっています。

 

どちらもエクステリアや安全性ともにワンランク上の装備が整っていますので、ベーシックモデルでは物足りない方にピッタリです。

 

 

引用:https://www.subaru.jp/  引用:http://www.mazda.co.jp/

Advance:3,099,600円

XD:3,110,400円

両者ともに走行性能、燃費性能、環境性能の向上を狙ったグレードとなっています。

スバルフォレスターはe-BOXERエンジン、マツダCX-5はSKYACTIV‐Dエンジンを搭載しています。

 

こうして見てみると、どちらも非常に似通った価格になっていますね。

主要装備から見ても、対抗車種として意識した価格設定をしているようにも思えます。

 

今度はこの2車種をボディの大きさで比較してみましょう。

 

 

スバルフォレスターVSマツダCX-5の大きさを比較!

ボディの大きさで比較

引用:https://www.subaru.jp/forester/forester/special/photo.html

 

5代目になるスバルフォレスターのボディサイズは先代に比べて大きくなっています。

全長が+30mm、全幅は+20mm拡大し、全長4625mm×全幅1815mm×全高1715mm(ルーフレール未装着時)となりました。

 

一方、マツダCX-5の大きさはどのようになっているのでしょうか?

スペックを見ると全長4545mm×全幅1840mm×全高1690mmとなっていました。

 

引用:http://www.mazda.co.jp/cars/cx-5/feature/driving/4wd/?link_id=sbnv

 

スバルフォレスターの方が全長で80mm、全高で25mm大きいようです。

全幅はマツダCX-5のほうが25mm幅広いですね。

 

しかしその差はどの項目を見てもわずか数cm。

違いを感じたならば「気のせい」と言われそうなほどボディサイズは互角でした。

 

では、室内空間はどうでしょうか?

[室内長×室内幅×室内高]で比較してみたいと思います。

 

室内の広さで比較

引用:https://www.subaru.jp/forester/forester/special/photo.html

スバルフォレスター 2110×1545×1270mm

 

引用:http://www.mazda.co.jp/cars/cx-5/feature/interior/interior1/?link_id=sbnv

マツダCX-5   1890×1540×1265mm

 

スバルフォレスターの室内長がマツダCX-5より220mmも長いようです。

全長で80mmほどの差だったのに、室内ではこれほど差が出るのは驚きですね。

 

では、この20cmの差はどこに現れているのでしょうか?

カタログスペックを眺めていると「おや?」と感じる比較項目がありました。

 

荷室の大きさで比較

SUVの魅力と言えば、ロードコンディションを気にすることのない走破性、荷物が多く積めることなどですよね。

やはりSUVを選択する人の中にはアウトドアやスポーツをするので荷物を多く積みたいと思う人もたくさんいると思います。

 

スバルフォレスターで後部座席を使用する場合(5名乗車時)の荷室サイズは次のようになっています。

引用:https://www.subaru.jp/forester/forester/utility/utility.html

荷室長:約 908mm

荷室幅:約1100 ~1585mm

荷室高:約 884mm

 

これがどれぐらいの容量かというと、520L(Advanceグレードは509L)です。

一方のマツダCX-5はどうでしょうか?

 

引用:http://www.mazda.co.jp/cars/cx-5/feature/interior/interior2/

荷室長:960mm

荷室幅(タイヤハウス間):1040mm

荷室高:790mm

 

荷室長はマツダCX-5のほうが長いですが、荷室高はスバルフォレスターのほうが10cm弱高いです。

容量にして505L(サブトランク30L含)と、フォレスターよりも15L小さいようですね。

 

荷室幅や高さはフォレスターの方が大きいので、リアゲートを開いた時の見た目は容量の比較通りにフォレスターの方が大きく見えるかもしれませんね。

しかしマツダCX-5もゴルフバッグを横積みできる幅となっていますので、余程の大量の荷物を積む場合でなければ「狭い」と感じることはないでしょう。

 

スバルフォレスターVSマツダCX-5の燃費を比較!

 

引用:https://www.subaru.jp/forester/forester/special/photo.html

 

スバルフォレスターには”e-BOXER“、マツダCX-5には”SKYACTIV-D”エンジンが搭載され、ドライバビリティや燃費向上を狙ったグレードが存在します。

以下では、フォレスターのTouringとCX-5の25Sの比較に加え、上記エンジンが搭載されたフォレスターのAdvanceとCX-5のXDを比較してみたいと思います。

 

ガソリン車での燃費比較

排気量2.5L、ガソリン車というフェアな条件で比較しています。

スバルフォレスターのほうが郊外や高速道路を走行するシーンにおいて若干燃費がいいことがお分かりいただけるかと思います。

 

引用:https://www.subaru.jp/forester/forester/special/photo.html

 

一般的に車の燃費は、車両重量が大きく関係しています。

スバルフォレスターの車両重量は1520㎏、マツダCX-5は1610㎏と約90㎏の差があるため、燃費に影響していることも考えられますね。

 

e-BOXERとSKYACTIV‐G・Dでの燃費比較

 

ここで注意していただきたいのが、それぞれの車両の排気量が違う点です。

フォレスターは2.0L、CX-5の25Tは2.5L、XDは2.2Lです。

 

引用:http://www.mazda.co.jp/cars/cx-5/feature/driving/skyactiv/

 

まずCX-5の25Tですが、2.5Lターボエンジンのため、一般的なターボ車の排気量に落ち着いていますね。

このスペックで街乗り10km/lを超えるのはなかなか難しいでしょう。

 

CX-5のXDは、排気量を2.2Lに抑えたターボエンジンを搭載しています。

燃費も全グレードの中ではずば抜けて良いですし、燃料が軽油という点は非常に魅力的なポイントですね。

 

スバルフォレスターは排気量を2.0Lまで抑えたことで不足するトルクをe-BOXERというモータによる駆動で補っているので、2.5L直噴エンジンよりは燃費が良いです。

e-BOXERはハイブリットというよりは走りに特化したものなので、「ターボはいらないけど、低燃費で気持ちよく走りたい」という人におすすめですよ。

 

 

いかがでしょうか?

比較すればするほど、どっちがいいか余計に迷ってしまうかもしれませんね。

 

引用:https://www.subaru.jp/forester/forester/special/photo.html

アウトドアやスポーツを思う存分楽しみたいならスバルフォレスター。

 

引用:http://www.mazda.co.jp/cars/cx-5/special-vehicles/exclusive-mode/?link_id=sbnv

ちょっと上質な空間を楽しみたいならマツダCX-5。

 

シンプルにこういった選択をするのも良いと思いますし、実際にこのようなイメージがついているのも事実です。

ぜひご自分のライフスタイルにピッタリの一台を選んでくださいね。

 

タイトルとURLをコピーしました