スバルフォレスターVSレアガシィアウトバック比較!どっちが好み?

フォレスター

スバルには魅力的な車がたくさんあります。

レガシィアウトバックとフォレスターの違いが気になるあなたも、スバルの魅力に憑りつかれているのかもしれませんね。

価格や大きさ、燃費などで、この2車種を比較してみましょう!

スバルフォレスターVSレアガシィアウトバックの価格を比較!

 

引用:https://www.subaru.jp/forester/forester/special/photo.html

 

この2車種は、ほとんど棲み分けの異なる車と考えていいと思います。

車のスタイリングも違えば、乗り出し価格も異なります。

 

引用:https://www.subaru.jp/legacy/outback/special/photo.html

フォレスターはミドルサイズのSUVですが、レガシィアウトバックは、SUVとステーションワゴンの中間に位置づけられる”クロスオーバーSUV“という分類です。

まず最初に、価格から比較してみましょう。

 

スバルフォレスターの価格

引用:https://www.subaru.jp/forester/forester/grade/grade.html#grade1

Touring:2,808,000円

Premium:3,024,000円

X-BREAK:2,916,000

Advance:3,099,600

 

スバルレガシィアウトバックの価格

引用:https://www.subaru.jp/legacy/outback/grade/grade.html#grade2

LEGACY OUTBACK:3,294,000円

LEGACY OUTBACK Limited:3,564,000円

 

一目瞭然、価格設定がまったく違いますよね。

しかも、スバルフォレスターは4つのグレードがあるのに対し、スバルレガシィアウトバックは2つしかありません。

 

レガシィアウトバックは標準仕様のグレードと特別仕様の”Limited”グレードしか用意されていないのです。

スバルフォレスターは車を使うスタイルに合わせて幅広い選択ができるという点でメリットがありますね。

 

これらの価格をパッと見たときに「レガシィアウトバックはフォレスターよりも少し高すぎるかな」と思われるかもしれません。

スバルレガシィアウトバックには価格なりの落ち着いた大人の雰囲気が感じられますよね。

引用:https://www.subaru.jp/legacy/outback/special/photo.html

 

レガシィアウトバックはアメリカでの売上がナンバーワン!

実はこのレガシィアウトバック、アメリカでは一番売れているスバル車だそうです。

2017年の年間販売台数で18万8896台、日本の販売台数が7834台でですので、実に24倍も売れているそうですよ。

 

ちなみに米国での2017年スバルフォレスター販売台数は17万7563台で第2位です。

日本では1万9937台でしたので、約9倍の売れ行きですね。

 

こうして見てみると、レガシィアウトバックは日本ではあまり販売台数が伸びていないようです。

原因としてはクロスオーバーSUVという立ち位置が日本向けではないのかもしれません。

 

かつてスバルのツーリングワゴンといえばレガシィツーリングワゴンが筆頭にありました。

引用:https://www.goo-net.com/car/SUBARU/LEGACY_TOURING_WAGON/DBA-BR9.html

5代目レガシィはフルモデルチェンジでサイズアップし、海外で売り上げを伸ばす一方で、日本ではその大きさが受け入れられず、あまり評判が良いとはいえませんでしたね。

 

このレガシィアウトバックは5代目レガシィのよりもさらに大きく、インプレッサやレヴォーグといったワゴンよりも一回り大きいサイズ感となっています。

どれほどの大きさなのか、フォレスターだけでなく5代目レガシィツーリングワゴンとも比較しながらご紹介したいと思います。

スバルフォレスターVSレアガシィアウトバックの大きさを比較!

 

引用:https://www.subaru.jp/forester/forester/design/exterior.html

ボディサイズの比較

全長・全幅ともにレガシィアウトバックの方が大きいですね。

さすがに全高はSUVであるフォレスターほどは高くないですが、「大きい」といわれていたレガシィツーリングワゴンよりも若干高めです。

 

5代目レガシィアウトバック(DBA-BR9)

引用:https://www.goo-net.com/car/SUBARU/OUTBACK/DBA-BR9.html

現行モデル(DBA-BS9)

引用:https://www.goo-net.com/car/SUBARU/OUTBACK/DBA-BS9.html

 

先代のレガシィアウトバックのデザインはオーバーフェンダーのスタイルでとても幅広く見えましたが、現行のモデルはスッキリして見えますね。

やはりどことなく高級感の漂うスタイリングになった気がします。

 

長200mm弱、全幅25mmの差がありますが、ここで気になるのがホイールベースやトレッドの違いによる取りまわしのし易さです。

 

取りまわしのし易さでの比較

フォレスターはホイールベース・トレッド共にレガシィアウトバックよりも狭いです。

それゆえ、最小回転半径が5.4という設計になっています。

 

最小回転半径が小さければ小さいほど「小回りがきく」とも言われますよね。

フォレスターは視線の高さと相まって、大きさを感じさせず運転しやすい設計になっていると思います。

引用:https://www.subaru.jp/forester/forester/special/photo.html

 

都市部の狭い道路などでUターンをするような場面では、一度切り返しをしなければならないシーンも少なくありません。

たった0.1mmの違いでも、全長4.5mを超えるこれらの大きさの車であれば顕著に違いがわかると思います。

 

荷室サイズでの比較

引用:https://www.subaru.jp/forester/forester/special/photo.html

この2車種は「どれだけ荷物が積めるか」というのもポイントになりますね。

調べてみたところ、荷室長はアウトバックの方が長いですが、荷室幅・荷室高はフォレスターのほうが大きいようです。

 

しかし、荷室容量ではレガシィアウトバックの方が39Lも大きいのです。

これは恐らく荷室長の差に加え、大型のサブトランクが備わっているというのが要因の一つだろうと考えられます。

 

左:アウトバック 中・右:フォレスター

 

スバルフォレスターにも同じようにサブトランクはありますが、写真を見てもその大きさの違いはハッキリとわかりますね。

レガシィアウトバックのサブトランクの容量は47Lですので、荷物の積載力に加えて収納力も併せ持ったデザインになっています。

 

 

スバルフォレスターVSレアガシィアウトバックの燃費を比較!

 

まずはフォレスターのTouring、premium、X-BREAKに搭載される2.5L直噴エンジン搭載車とレガシィアウトバックの比較です。

 

2.5Lエンジンでの燃費比較

JC08 モードは日本独自の試験方法でしたが、平成29年からはWLTC モードという国際的な試験法が導入されました。

WLTCモードは試験時の車両重量が増加する等、直近の使用実態を反映しているので、WLTC モード燃費は JC08 モード燃費に比べて同水準または低くなる傾向があります。

 

引用:https://www.subaru.jp/forester/forester/driving/2.5engine.html

 

市街地モードや高速道路モードなど3つの走行モードごとの燃費が表示されるので、走行環境に合った燃費との比較がしやすくなります。

残念ながらスバルレガシィアウトバックにはWLTCモードの表示はありませんでした。

 

しかし、燃費はほぼ互角と言えますね。

実はこの2車種、同じ「FB25」という2.5L DOHC 16バルブデュアルAVCS 直噴の水平対向4気筒エンジンを搭載しているのです。

 

引用:https://www.subaru.jp/legacy/outback/driving/powerunit.html

 

車両重量もフォレスターは約1520㎏、レガシィアウトバックは約1570kgとほぼ同じぐらいの重さなので、WLTCモードで比較してもほぼ同じ結果になると思います。

ではフォレスターAdvanceに搭載されている2.0L DOHC 直噴+e-BOXERではどうなるのか見ていきましょう。

 

2.0L+e-BOXERと2.5Lエンジンでの燃費比較

※ここではレガシィアウトバックのWLTCモード燃費がFB25エンジンのフォレスターと全く一緒であると仮定しているので、正式な公表値ではありません。

 

2車種とも正式な公表値であるJC08モードにおいて大きく差が出ていますので、スペック比較の中ではここが最大の差別化ポイントになると思います。

車重はフォレスターが1640kg、レガシィアウトバックが1570kgと若干フォレスターの方が重いにもかかわらず、燃費はアウトバックよりも良いです。

 

引用:https://www.subaru.jp/forester/forester/driving/e-boxer.html

 

モーター駆動によるトルク補填で、無駄なガソリンを消費せずに気持ちよく走れるというのはe-BOXERの強みですね。

ただし、同じフォレスターでもFB25エンジンの最大トルクが24.4kg/f なのに対し、e-BOXERは19.2kg/f となっています。

 

レガシィアウトバックの最大トルクは24.0kg/f なので、FB25エンジンのフォレスターともほぼ互角です。

アクセルを踏み込んだ時の加速においては、2.5LのFB25エンジンの方が全域にわたって爽快感があるのではないかと思いますよ。

 

いかがでしたか?

同じスバルの車でもスペック上で比較するのが難しい2台だと思います。

 

引用:https://www.subaru.jp/forester/forester/special/photo.html

比較的幅広い年齢層で乗りやすいのはスバルフォレスターになるかと思いますので、ファミリーカーとして使用するならばこちらがおすすめです。

 

引用:https://www.subaru.jp/legacy/outback/special/photo.html

より上質な空間で大人のドライブを楽しみたいという方は、スバルレガシィアウトバックを選択してみてはいかがでしょうか。

これらを参考に、あなたのライフスタイルに合う素敵な愛車を探してみてくださいね。

 

タイトルとURLをコピーしました