【スバル・フォレスター】値段・価格は?費用やグレード情報紹介!

フォレスター

2018年7月のフルモデルチェンジを経て更に人気が増しているフォレスター

購入を検討されている方に有益な情報をご紹介します。

【スバル・フォレスター】値段・価格をグレード事に紹介!

 

引用:https://www.subaru.jp/forester/forester/special/photo.html

フォレスターの新車価格について、2.5L直噴エンジンを搭載したスタンダードモデルのTouringが280万8千円〜、

そのハイグレードモデルとなるPremiumが302万3千円〜、

アクティブな要素を増したモデルであるX―BREAKが291万6千円〜、

そしてフルモデルチェンジを経て新たに設定された2.0L直噴エンジンとモーターを搭載したハイブリッドモデルであるAdvanceが309万9千6百円〜

となっています。

 

駆動方式は全グレード共通で4WDが設定され、トランスミッションはリニアトロニックと呼ばれるもので、いわゆるCVTとなっています。

スバルの代名詞とも言える運転支援システム「アイサイト」のツーリングアシストは全グレードに標準装備されています。

が、さらなる安全のための装備であるアイサイトセイフティプラスは、PremiumとAdvanceにのみ標準装備されています。

 

引用:https://www.subaru.jp/forester/forester/special/photo.html

ですので、一番安いグレードのTouringに搭載したい場合はメーカーオプションとして16万円〜かかるため、スバル車に乗るからにはアイサイトの恩恵を大いに受けたいとう方はどのグレードでも約300万円〜となります。

 

X-BREAKは元々悪路に強いフォレスターを更にアウトドア向きにしたグレードで、汚れに強い素材などが使われているため、ベースとなるTouringと比べておよそ10万円価格が高く設定されています。

 

最上級グレードとなるPremiumはアイサイトセーフティプラスを標準装備し、その他にもふんだんにオプションが追加されており、Touringと比べて21万円ほど高い価格設定となっています。

 

引用:https://www.subaru.jp/forester/forester/design/exterior.html

ハイブリッドモデルであるAdvanceはPremiumと同等の装備にハイブリッドシステムが追加されているにも関わらず、Premiumとの価格差がわずかに7万円ほどと、小さく抑えられていることが分かります。

 

フォレスターのライバル車となる他社のミドルクラスSUVの価格を見てみると、日産のエクストレイルが220万円〜、

マツダのCX-5が250万円〜、

三菱のアウトランダーが254万円〜、

トヨタのハリアーが295万円〜となっています。

フルモデルチェンジで2.0Lエンジンが廃止され排気量が底上げされたことで値段も底上げされた結果、フォレスターは同クラスの中でも比較的価格の高い車種となりました。

 

引用:https://www.subaru.jp/forester/forester/special/photo.html

もちろんそれぞれの車種によって特徴は異なり、魅力もそれぞれではありますが、予算の面を考えると「高くなった・・・」と感じる人も少なくないかもしれません。

 

しかし、価格が上がったということはそれだけ走行性能が高く、より良い質感になったということです。

つまり1つ上のレベルに達したと捉えることもできると思うので、購入を検討する際には価格だけに目を向けずに考えてみるのが良いかと思います。

【スバル・フォレスター】購入時や車検の費用は?維持費は?

車を購入する際、車の本体価格だけではなく税金や保険などの初期費用も必要となります。

購入時に支払うこととなるものには、自動車税・自動車取得税・自動車重量税・自賠責保険が挙げられます。

 

 

自動車税は排気量により価格が決まるもので、フォレスターの場合だと5万1000円かかり、購入後毎年支払う必要があります。

自動車取得税は車両価格が50万円以上となるときにかかる税金で、普通車だと車両価格の5%を支払う必要があります。

自動車重量税は車の重さによって決まるもので、フォレスターの場合だと3万6900円かかり、車検毎に支払う必要があります。

自賠責保険は車を購入する際に加入することが強制される保険で、普通車の場合3万円前後かかります。

引用:https://www.subaru.jp/forester/forester/design/exterior.html

これらの諸経費を合わせると、フォレスターのベースグレードのTouringの場合、車両価格以外におよそ23万円支払う必要があるということになります。

ただし、ハイブリッドモデルのAdvanceのみエコカー減税が適用されるので、自動車重量税・自動車取得税合わせて4万6000円の値引き、

それに加えて自動車グリーン税制という制度により更に1万9500円値引きされるため、計6万5500円の減税を受けることができます。

 

フォレスターを所有するにあたって必要となる維持費について、維持費としてかかるのは自動車税、車検代、燃料代、駐車場代、任意保険代などが主に挙げられます。

 

車検代はフォレスターの場合だと法定費用や代行料等合わせておよそ10万円と考えて良いと思います。

 

引用:https://www.subaru.jp/forester/forester/special/photo.html

燃料代はというと、ハイブリッドシステムを採用したAdvanceはカタログ燃費で18.6km/L、

その他のグレードでは14.6km/Lとされています。

 

実燃費はカタログ燃費の7〜8割程度と言われることから、実燃費はそれぞれおよそ14km/L、11km/Lと考えられます。

1年間の走行距離を1万km、ガソリン価格を130円/Lとすると、1年間で必要な燃料代は、ハイブリッドモデルでおよそ9万3000円、その他のグレードではおよそ12万円かかることになります。

 

・続いて駐車場代ですが、全国の月極め駐車場の平均価格は約8300円とされていることから、1年あたり駐車場代としておよそ10万円かかることになります。

 

引用:https://www.subaru.jp/forester/forester/special/photo.html

任意保険料は契約者の等級や年齢、内容により大きく変わりますが、ここでは仮に初めて自分で車を購入することが多いと考えられる20代後半の男性をモデルにして、車両保険付き、対人・対物賠償無制限、本人限定としたとき、年間で10万円ほどかかると考えられます。

 

車検代を1年当たりに換算して、上記の1年当たりにかかる維持費の総額を計算すると、およそ40万円かかることが分かります。

1年当たりおよそ40万円で維持できるのであれば、安全性が高くてオフロードも楽しめるフォレスターを選択するのはとても賢い選択だと思います。

【スバル・フォレスター】グレード違いは?MT車情報も!

 

引用:https://www.subaru.jp/forester/forester/design/exterior.html

先程、新型フォレスターには4種類のグレードついて述べましたが、各グレードの詳細についてさらに触れたいと思います。

Touring、Premium、X-BREAKはエンジンに2.5Lの直噴エンジンを搭載しており、Advanceは2.0Lの直噴エンジンにモーターを搭載しています。

 

最高出力はガソリンモデルで136kW[184PS]/5800rpm、

ハイブリッドモデルでは117kW[159PS]/6000rpmとなっています。

最大トルクはガソリンモデルで239N・m[24.4kgf・m]/4400rpm、

ハイブリッドモデルでは253N・m[25.8kgf・m]/4000rpmとなっています。

 

Touringは一番ベーシックなグレードで、最低限の装備が付いています。

エクテリアは箱型でSUVらしいタフなイメージを与えるデザインとなっています。

シートはファブリック+合成皮革で、シルバーのステッチが施されています。

 

引用:https://www.subaru.jp/forester/forester/grade/grade.html#grade1

Premiumは最上級グレードで、タイヤサイズがTouringでは17インチだったものが18インチとなっています。

また、本革のブラックのシートが追加されており、上質な質感を味わえるものとなっています。

 

 

 引用:https://www.subaru.jp/forester/forester/grade/grade.html#grade2

X-BREAKはガンメタリック塗装が施された17インチのオールシーズンタイヤを装着し、ルーフレールを標準装備、

さらにシートやカーゴルームには撥水ファブリックが用いられ、よりアクティブな用途が期待できるグレードとなっています。

また、インテリア・エクステリア共にオレンジの挿し色が用いられることで、アクティブさを際立たせると同時に、他のグレードと比較すると大きく差別化されています。

 

引用:https://www.subaru.jp/forester/forester/grade/grade.html#grade3

Advanceはフルモデルチェンジ後に追加されたフォレスター初のハイブリッドシステムを搭載したグレードです。

スバルのハイブリッドシステム「e-BOXER」を搭載し、Advance専用のドライバーモニタリングシステムも搭載されるなど、一番注目度の高いグレードであると思います。

 

引用:https://www.subaru.jp/forester/forester/grade/grade.html#grade4

MT車情報についてですが、先代のフォレスターではMT車が設定されていましたが、今回のフルモデルチェンジを経てMTの設定が無くなってしまいました。

 

これには、スバルの代名詞とも言えるアイサイトの代表的な機能であるクルーズコントロールの特性上、MT車との相性が良くない事が挙げられます。

 

引用:https://www.subaru.jp/forester/forester/design/exterior.html

MT車にはアイサイトが搭載されていないことや、そもそものMT車に乗りたいという人が減少したことによってMTを設定したモデルの需要が極度に低下したためであると思います。

 

ミドルクラスのSUVでオフロードでのオンロードでも走りを楽しめるフォレスターにMTの設定を求める人は必ずいるかと思いますが、やはり超少数派となってしまうことは避けられないのだと思います。

 

MTが設定されたフォレスターにどうしても乗りたいという方は、最新では無くなりますがそれでも良い車であることに変わりはないので、中古車市場などで先代のフォレスターを探してみると良いでしょう。

 

タイトルとURLをコピーしました