【スバル・フォレスター】燃費は? 実燃費情報を紹介!

フォレスター

フルモデルチェンジしてから間もないスバルフォレスター。

e-BOXERなどの新技術によって燃費にも少し変化があったようです。

燃費は良いと言えるのか、ライバル車との燃費比較も含めて徹底解説します!

 

【スバル・フォレスター】燃費は良いの?悪いの?

 

引用:https://www.subaru.jp/forester/forester/design/exterior.html

 

低燃費車に共通する項目?フォレスターは?

 

新しい技術の投入によって各社競い合う燃費。

年々熾烈な争いになってきていますね。

 

昨今のガソリン価格の高騰から、ますます低燃費車に注目が集まっていると思います。

一般的に「燃費がいい」と言われるような車には、「車両重量が軽い」、「トランスミッションにCVTが採用されている」など共通して同じ特徴が挙げられます。

 

ではスバルフォレスターではどうでしょうか?

スバルフォレスターのカタログスペックの中から、燃費に好影響をもたらす項目をいくつかピックアップしてみます。

 

引用:https://www.subaru.jp/forester/forester/grade/grade.html#grade4

【車両重量】

 

サンルーフやパワーリアゲートなどのオプション装備を付けると勿論これよりも重くなってしまいますが、ミドルSUVとしては比較的軽めの車重になっているのではないかと思いますので燃費には好条件ですね。

 

【リニアトロニック】

 

引用:https://www.subaru.jp/forester/forester/driving/2.5engine.html

 

自動無段変速のトランスミッションで、一般的には「CVT」とよばれています。

優れた燃費性能だけでなく、リニアな加速フィールも得られるのが”リアトロニック”の特徴です。

 

その他、カタログ上では以下の項目が主要燃費向上対策として掲載されています。

 

・アイドリングストップ装置

・電動パワーステアリング

・可変バルブタイミング

・充電制御

・ロックアップ機能付きトルクコンバーター

 

多彩な装備で燃費向上を図っているようですね。

ではフォレスターのカタログ燃費を見てみましょう。

 

引用:https://www.subaru.jp/forester/forester/special/photo.html

フォレスターの燃費は?

 

 

カタログ上におけるスバルフォレスターのJC08モード燃費は上記の通りです。

2.5LのDOHC直噴エンジンを搭載したモデルではNA車としては平均的か、やや良好な燃費になっているかと思います。

 

Advanceグレードに搭載される”e-BOXER”は、ハイブリッドとして考えてしまうとやや見劣りする燃費かもしれません。

この”e-BOXER”は燃費よりも「走り」に拘ったモーターであり、排気量を2.0Lに抑えることで不足するパワーを補う役割を担っています。

 

引用:https://www.subaru.jp/forester/forester/special/photo.html

 

ですので”ハイブリッド”というよりは”電動ターボ”に近い性格を持っていますが、モーターの特性上、燃費は良くなっています。

低燃費争いが激化している中で、むやみに低燃費に拘らずに「走り」にも拘った新しい技術を投入して来るところを見ると、いかにも「スバルらしい」と感じさせられますね。

 

しかし、上記のようなカタログに記載されているJC08モード燃費と同じような燃費になる車はそうそうないかと思います。

混雑のない郊外の道路や高速道路などではある程度良好な燃費の車でも、市街地を走ると極端に燃費が悪くなる場合がほとんどだと思います。

 

では、スバルフォレスターでは実際にどのぐらいの燃費になるのでしょうか?

リサーチした結果をご紹介したいと思います。

 

【スバル・フォレスター】実燃費はどのくらい? カタログと燃費確認!

 

引用:https://www.subaru.jp/forester/forester/driving/2.5engine.html

表示方法が変わった?WLTCモード燃費

 

引用:https://www.subaru.jp/forester/forester/driving/2.5engine.html

 

従来から続くJC08 モードは日本独自の試験方法でしたが、平成29年からWLTC モードという国際的な試験法が導入されました。

WLTCモードは試験時の車両重量が増加するなどの直近の使用実態を反映しているので、WLTC モード燃費は JC08 モード燃費に比べて同水準または低くなる傾向があります。

 

引用:https://www.subaru.jp/forester/forester/design/exterior.html

”市街地モード”、”郊外モード”、”高速道路モード”という3つの走行モードごとの燃費が表示されるので、このWLTCモード燃費が表示されている車種では走行環境に合った燃費との比較がしやすくなります。

スバルフォレスターのWLTCモード燃費は?

 

 

スバルフォレスターの実際の燃費は上記のような数値が出ています。

2.5Lエンジンの市街地モードでは10km/l を切ってしまうものの、高速道路モードでは16.4km/l と概ね良好な燃費ですね。

 

引用:https://www.subaru.jp/forester/forester/design/exterior.html

仕事で街中を走り回るような場合は”e-BOXER”を搭載したAdvanceグレードを選択することで、燃費の悪化を避けながら快適な走行が可能かと思います。

逆に休日しか車を使用せず、高速道路や郊外の道路を走って遠出をする機会が多いのであれば2.5Lのグレードを選択するのが無難かもしれません。

 

この理由は、エンジンごとの最高出力(馬力)と最大トルクから読み取ることができます。

2.5Lエンジンでは184馬力・最大トルク24.4kgf・m、Advanceグレードに搭載される2.0Lエンジンは145馬力・最大トルク19.2kgf・mとなっています。

 

引用:https://www.subaru.jp/forester/forester/design/exterior.html

 

一般的に大排気量で馬力が大きい車では、登り坂を走る時にパワフルな走行ができます。

また最大トルクが大きいほど加速性能に優れ、高速の合流シーンや坂道でパワフルな加速が期待できます。

 

比較的速度域の低い市街地では大排気量のトルクフルな加速性能を発揮する機会があまりありませんよね。

したがって、高速道路での合流時や郊外のアップダウンが多い道での走行性能は最大トルク値の高い2.5Lエンジンに軍配が上がるでしょう。

 

引用:https://www.subaru.jp/forester/forester/special/photo.html

 

市街地での信号待ちからの発進などは”e-BOXER”によるリニアなトルク出力に頼ったほうが気持ちよく走れるかと思います。

モーターの出力で13.6馬力、最大トルク6.6kgf・mとなっていますので、2.0Lエンジンを搭載したAdvanceグレードのパワーが頼りないというわけではありませんので安心してくださいね。

 

ところで、車の燃費というのは実際のところ「ユーザー次第」ということもお話しておきたいと思います。

車の性能を抜きにして、燃費向上のためにユーザーがとれる対策はたくさんあります。

次の項では、誰でも簡単にできる燃費向上対策をご紹介したいと思います。

 

【スバル・フォレスター】燃費向上方法は?燃費情報のまとめ

 

引用:https://www.subaru.jp/forester/forester/special/photo.html

タイヤ空気圧で燃費が変わる?メンテナンスで燃費向上!

皆さんは定期的にタイヤの空気圧点検をしていますか?

ディーラーや整備工場での点検の際は必ず調整をしてくれているはずですが、それ以外のタイミングではどうでしょうか?

 

ガソリンスタンドのサービスで調整してもらっている方や、セルフのガソリンスタンドやカー用品店に備え付けの器具を使用してご自分でこまめにチェックされている方もいらっしゃるかもしれませんね。

タイヤの空気圧を適正に保つということは、燃費向上対策としては重要な項目になります。

 

引用:https://www.subaru.jp/forester/forester/design/exterior.html

タイヤの空気圧は適正値を保ってあげることが重要で、空気が多すぎても少なすぎても”偏摩耗”の原因となってしまいます。

特に上の画像の”空気圧不足”の状態ではタイヤが潰れることで、”タイヤを引きずる”ような形になりますのでタイヤの転がりが悪くなります。

 

転がり抵抗の少ないタイヤが「エコタイヤ」と呼ばれるぐらいですから、このようにタイヤの転がりが悪くなった状態で走ることは燃費を悪化させる原因となるわけですね。

タイヤの指定空気圧はほとんどの場合、運転席のドアを開いた部分に貼られているシールに記載されていますので「見たことがない」という方は一度チェックしてみることをオススメします。

 

引用:https://www.subaru.jp/forester/forester/grade/grade.html#grade4

納車時に装着している純正タイヤであれば、指定の空気圧が保たれているのなら問題はありません。

もし「タイヤ銘柄を変えた」という方は少しだけ注意が必要ですよ。

 

引用:https://tire.bridgestone.co.jp/about/tire-size/pressure-list/index.html

 

どんなタイヤでも、サイドウォールにはそのタイヤのサイズ表記があると思います。

注目していただきたいのは画像の〇が付いている数字の右側に表記された「W」「XL」などのアルファベット表記です。

 

万が一このアルファベット表記が「XL」と表記されていた場合、そのタイヤは高負荷に耐えられるよう作られた「エクストラロード規格」のタイヤです。

 

引用:https://www.subaru.jp/forester/forester/design/exterior.html

ホイールのインチアップをした場合などにXLタイヤを使用する場合が多いのですが、このタイヤの空気圧は本来の性能を発揮するためにタイヤ独自の空気圧が指定されています。

 

一般的にXL規格のタイヤ空気圧は、タイヤサイズや純正指定の空気圧によって決まります。

もしこのタイヤを装着しているのであれば、指定の空気圧をタイヤ販売店かタイヤメーカーのホームページでしっかりと確認し、適正な空気圧に調整してくださいね。

燃費情報のまとめ

他車と比較しても遜色ない燃費のスバルフォレスター。

ハイブリッドと比べてしまえば見劣りするかもしれませんが、「2.5LのSUV」と考えると決して燃費が悪いとは言えないと思います。

 

引用:https://www.subaru.jp/forester/forester/design/exterior.html

燃費を追及するのであれば、タイヤ空気圧だけでなくオイル交換などのメンテナンスも欠かせません。

しかし、それ以上に重要なのが「穏やかな気持ちで運転すること」。

 

アクセルの過度な踏みすぎは事故のもとになりかねませんし、燃費を悪化させる一番の原因です。

せっかく燃費の良い車も、ドライバー次第では本来の燃費の半分しか走らないようなケースも多々見られます。

 

これを機にご自分がどんな運転をしているのかを見つめなおし、それに合う運動性能や燃費をもつ車種・グレードを選ぶ際の参考にしていただきたいと思います。

スバルフォレスターはどのグレードも走りに拘った装備が満載ですので、一つ一つの装備の特徴を生かしながら家族や友人と楽しいドライブの時間を過ごしてくださいね。

 

タイトルとURLをコピーしました