【スバル・フォレスター】内装改造は?内寸などを紹介!

フォレスター

フルモデルチェンジによって新たな装いで登場したスバル・フォレスター。

”ミドルSUV”に位置する車ですが、室内の広さはどのようになっているのか、内装改造のオススメスタイルも含め一挙公開します!

 

【スバル・フォレスター】内寸は?広い?

 

引用:https://www.subaru.jp/forester/forester/design/interior.html

スバル・フォレスターの内寸

 

 

フォレスターの内寸は上記のようになっています。

SUVですから「狭い」と感じることは滅多にないのではないかと思います。

 

引用:https://www.subaru.jp/forester/forester/design/exterior.html

過去に公開した記事では他のSUV車種との比較もしていましたので、その中から内寸サイズの比較を抜粋して振り返ってみましょう。

 

他車との比較

 

 

よくよく表を見てみるとどうでしょうか?

…そうですね、誰がどう見ても一番広いですよね(笑)

 

引用:https://www.subaru.jp/forester/forester/utility/utility.html

ひとつひとつ何気なく比較をしてきた筆者も、これにはビックリしてしまいました。

比較車種の中にはフォレスター以上にボディが大きい車種を含んでいます。

 

しかし内寸は室内長・室内幅・室内高どれを見てもスバル・フォレスターがダントツで広いのです!

実際の内装がどのようになっているのか、写真でご覧いただきましょう。

 

引用:https://www.subaru.jp/forester/forester/special/photo.html

 

こちらはスバル・フォレスターのダッシュボード周りの写真です。

ドライバーからの視点にとても近いアングルで撮影されていますが、とても開放的な空間になっているように感じますよね。

 

SUV特有のアイポイントの高さとスッキリとしたダッシュボードのデザイン。

これによって開放感だけでなく安心感もある機能的造形になっていることがお分かりいただけるかと思います。

 

もちろん前席だけでなく、後席や荷室スペースまで広々設計されていますよ。

”スバル・グローバルプラットフォーム”の採用で、走りの質室内の居住性までしっかりとユーザー目線で考えられています。

 

引用:https://www.subaru.jp/forester/forester/utility/utility.html

 

そしてコクピットのスペースのスイッチやパネルまで、パーツひとつひとつの質感がとても高いように見えます。

一昔前、スバルがトヨタ傘下に入る頃までさかのぼりますが、内装の質感の評判が良くなかった時代がありました。

 

実はこの記事の筆者も、その時代の内装のチープな質感に悩まされた一人です。

 

引用:https://www.subaru.jp/forester/forester/design/interior.html

ある車種の”S-Package”という最上位モデルを購入しましたが、どうしても「プラスチック感」が気になってしまうデザインでした。

 

今では外装や内装まで隅々まで手を入れた結果、原形をとどめないようなカスタムカーになってしまいましたが…

この写真のようなデザインが一昔前から採用されていたのであればコクピット内のパネルにまで手を加える必要はなかったでしょう。

 

個人的な意見ではありますが、現在のスバル車の内装は「誰が見てもカッコイイ」と言えるレベルにまで進化しているように感じますね。

この進化は”DYNAMIC × SOLID”というスバルの新たなデザインフィロソフィーによるものであると言えるでしょう。

 

引用:https://www.subaru.jp/brand/technology/design/index.html

 

”ダイナミックな躍動感とソリッドな塊感の融合”といった理念はエクステリアだけでなくインテリアでも大胆かつ

精緻に表現されています。

立体的な造形によって生まれる”光”と”影”、質感の”深さ”や”艶”といった細かいところまで徹底した拘りでデザインされていますよ。

 

【スバル・フォレスター】内装色は?自分色に!

 

引用:https://www.subaru.jp/forester/forester/design/interior.html

 

では内装色はどのようになっているのかご覧いただきたいと思います。

グレードによってシート材質やパネルの色が少し仕様が異なりますので、写真でご紹介したいと思います。

 

各グレードでの内装の違い

Touring

 

引用:https://www.subaru.jp/forester/forester/design/interior.html

 

シート材質:Touring用ファブリック/トリコット+合成皮革(シルバーステッチ)

シートベルト脱着の際や乗り降りをする際に擦れて破れやすいような部分は合皮が使用されているので耐久性は十分です。

他グレードにも共通ですが、内装のベースカラーは”ブラック”ですので落ち着きのあるカラーですね。

 

座面や背面中央部分は合皮に比べると若干グレー色に見えますので、内装パネルのブラック×シルバー色との相性も抜群ですよ。

 

Premium

 

引用:https://www.subaru.jp/forester/forester/design/interior.html

 

シート材質:Premium&Advance用ファブリック/トリコット+合成皮革(シルバーステッチ)

PremiumグレードのシートはTouringグレードとは少し異なるファブリックが使用されています。

しかし、シート形状やベースカラーは変わらないのでブラックが基調ですが、さまざまなブラックの色調を楽しめそうなビジュアルです。

 

内装に使用されているパネルカラーはダークシルバーになりますので、よりシックな印象になっていますね。

明るめのシルバーに比べるとこちらの方がシート配色との統一感が出るかと思います。

 

X-BREAK

 

引用:https://www.subaru.jp/forester/forester/design/interior.html

 

シート材質:Premium&Advance用ファブリック/トリコット+合成皮革(シルバーステッチ)

上記の2グレードと比較すると遊び心がある配色ですね。

シート座面はブラックとライトグレーの大胆な切り返しに加え、目を惹くオレンジカラーのステッチが施されています。

 

シフトノブ周りやエアコンパネルはシートステッチに合わせたオレンジカラーに統一されています。

スポーティーかつオシャレな印象のインテリアですね。

 

この内装に一目惚れしてグレードを決定する方もいらっしゃるかもしれませんね。

 

 

Advance(メーカー装着オプション)

 

引用:https://www.subaru.jp/forester/forester/design/interior.html

 

シート材質:本革(シルバーステッチ)

Advanceグレードは、シートオプションを付けない場合だとPremiumグレードと同じシートになるかと思います。

上の写真はメーカーオプションの本革シートで、Advanceグレードにのみオプションとして選択できるようになっています。

 

シートオプション

 

引用:https://www.subaru.jp/forester/forester/design/interior.html

 

フォレスターは全車標準でシートヒーターが搭載されています。

本革シートによくある「冬場は冷たくて座るのがつらい」ということはなさそうですね。

 

シートのカラーは2種類で、ブラックの他にブラウンの設定もありますよ。

 

引用:https://www.subaru.jp/forester/forester/design/interior.html

 

女性にも人気がありそうな、よりラグジュアリーかつオシャレな印象のカラーですね。

シートのカラーを変えるだけで印象が大きく変わるのは、この2枚の写真でおわかりいただけるかと思います。

 

この他、インテリアの質感を高めるディーラー装着オプションもいくつかありますのでご紹介しましょう!

 

【スバル・フォレスター】内装改造、内寸の情報まとめ

 

引用:https://www.subaru.jp/forester/forester/design/interior.html

 

スバル・フォレスターはフルモデルチェンジして間もないため、「内装改造」とは言っても社外パーツのラインナップは多くありません。

現行の型式に限らず装着できる汎用パーツなどもあるかもしれませんが、現状ではディーラー装着オプションを購入するのが無難です。

 

品質やフィッティングなどを考えるとディーラーオプションを装着するのが”最善の選択”とも言えるかと思います。

 

ディーラー装着オプションパーツ

アクセサリーカタログには現行フォレスター用のインテリアパーツがいくつか並んでいます。

ディーラー装着オプションの中でも特に人気がありそうなパーツですので詳しくご紹介しますね。

 

イルミネーションパーツ

 

引用:https://www.subaru.jp/forester/forester/design/interior.html

フットランプは室内のLEDメイクとしては基本中の基本ですね。

このような製品は汎用品も多く発売されていますが、それらのほとんどはアクセサリーソケットを使用するような製品ですよね。

 

アクセサリーソケットを使わずに配線をするとなるとイルミネーション電源を取らなければなりません。

そのうえ、配線の取りまわしなどは少しだけ難易度の高い作業になるかもしれません。

 

価格としては若干高めの設定ですが、純正パーツなりの美しい発色と光量です。

「インテリアの質感を損ないたくない」という方にはオススメのオプションですよ。

 

引用:https://www.subaru.jp/forester/forester/design/interior.html

+

また、最近では上の写真のようなドリンクホルダーイルミネーションのDIYも流行していますね。

ホルダーにペットボトルを差し込むと、ボトル全体がランタンのように丁度いい光量で綺麗に光るようになっていますよ。

 

ウルトラスェードパーツ

 

引用:https://www.subaru.jp/accessory/forester/interior/

かつてスバル車では”アルカンターラ”というスェードに近い生地を使用した特別仕様車が発売されていた時期がありました。

内装にスェードシートを貼り込むようなDIYも流行していましたし、今現在もカー用品店などでもスェードシートは販売されています。

 

ディーラーオプション商品としては”ウルトラスェード”という一般的なスェードよりも高い耐久性を持つ生地が使用されたオプションパーツがあります。

 

引用:https://www.subaru.jp/accessory/forester/interior/

特にドライバーの肌に触れる機会が多いコンソールリッドやオーナメントパネルをスェード素材にすることで、見た目だけでなく機能的にもグレードアップさせることができますよ。

 

STi シフトノブ(CVT)

 

引用:https://www.subaru.jp/accessory/forester/sti/

 

本体の上部に高品質な牛革を採用し、イメージカラーともいえる”チェリーレッド”色でSTiロゴの刺繍が入っています。

フォレスターに限らず、どの車種でもSTiのシフトノブは大人気商品です。

 

サイド部分にはディンプル加工が施されていますので、スポーティーな仕上がりとなっていますよ。

 

 

いかがでしたか?

内寸がライバル車種と比べても圧倒的に大きいフォレスター。

 

とても広々とした空間ですから、パーツ一つひとつの質感にも拘りたいですよね。

過度な装飾で統一感がなくなってしまうと、せっかく計算された上質なデザインを崩してしまうことにもなりかねませんので、内装改造も全体的なバランスをイメージしながらパーツを選んでみてくださいね。

 

タイトルとURLをコピーしました