【スバル・フォレスター】オイル交換・オイル量情報を紹介!

フォレスター

車のメンテナンスに欠かせないオイル交換。

オイルの量は?いつ交換すればいいの?いくらかかるの?

そんな疑問にお答えしたいと思います。

 

【スバル・フォレスター】エンジン不調! オイル交換でなおる?

引用:https://www.subaru.jp/forester/forester/special/photo.html

「新車で購入した直後は調子が良かったのに、なんだか最近加速が悪い気がする」

「アイドリング時の回転数がおかしい、エンジン音がいつもと違う」etc…

それ、オイルが劣化しているのが原因かもしれませんよ?

 

車を人に例えるとエンジンは車の心臓、オイルは車の血液です。

どちらも車にとっては大切なものです。

エンジンオイルを綺麗に保ってあげると、車は本来の性能を発揮することができるのです。

エンジンは簡単に言ってしまえば「金属の塊」です。

数えきれないほどの金属部品が組み合わさって出来ており、それぞれが複雑な動きをしています。

 

引用:https://www.subaru.jp/forester/forester/special/photo.html

その金属同士が連携をしてしている部分を滑らかに動くよう助けているのがエンジンオイルです。

その他、エンジン自体が持つ熱を冷やしてあげるなど、さまざまな役割を果たしています。

 

長く使うほどエンジン内部で発生する不純物がオイルに混ざったり、粘度が低下してしまいます。

エンジン内部の不純物が除去できなくなり、最悪の場合、エンジンが故障してしまうこともあります。

故障によってオーバーホールやエンジン載せ替えという事態になれば、高額の修理費がかかることは避けられません。

こまめにエンジンオイルを交換することは、とても優先度の高いメンテナンスといえますね。

 

オイルが劣化しているときの典型的なサインとしては以下のようなものがあります。

・燃費が悪くなる

・アクセルを踏んでも加速が悪い

・オイルが減ってきた

・エンジンルームから変な音がする

・アイドリングしているときのエンジン回転数が安定しない

 

これらの症状は、オイルの劣化だけが原因とは一概には言えませんが、

前回のオイル交換から期間が経っている場合にこれらの症状が出た時は、交換が必要だというサインかもしれません。

 

ホームセンターやカー用品店にはさまざまなオイルがずらりと並べられています。

「沢山ありすぎて、どれを選べばよいのかわからない」という方も多いのではないでしょうか?

 

引用:https://www.subaru.jp/forester/forester/special/photo.html

カー用品店などでオイルを購入する場合、オイルの選び方にはいくつかの注意点があります。

とくにスバル・フォレスターにも採用されている水平対向エンジンは精巧に造られたエンジンです。

それゆえ、スバル車オーナーからはタブーとされているオイルがあったりもします。

 

大切な愛車にはしっかりとした性能のオイルを入れてあげたいですよね?

次項から、スバル・フォレスターのエンジンオイル交換について詳しく解説していきます。

 

 

【スバル・フォレスター】オイル量やオイル粘度は?

 

エンジンオイルの量や粘度は一般的に、型式、年式やグレード等で異なります。

また、オイルのみ交換の場合とフィルター同時交換の場合でも異なるので注意が必要です。

引用:https://www.subaru.jp/accessory/engine_oil/

スバル・フォレスターの純正オイルはどんなものが使われているのでしょうか?

・SUBARU MOTOR OIL 0W-20

・SUBARU MOTOR OIL 5W-30

おそらくこの2種類が使用されているものと思われます。

 

以下、フォレスターの主要なモデルの純正オイル粘度と交換量をご紹介します。

車検証に記載されている型式・年式と照らし合わせて確認してくださいね。

 

型式(年式)  ⇒ 純正粘度 , オイル交換量(エレメント同時交換量)

・SK9(18/7~)⇒ 0W-20 ,  4.0L (4.2L)

・SJ5  (12/11~18/6)  ⇒ 0W-20 , 4.6L (4.8L)

・SJG (12/11~18/6)  ⇒ 5W-30 , 4.9L (5.1L)

・SH9 (10/10~12/10) ⇒ 5W-30 , 4.0L (4.2L)

・SHJ (10/10~12/10) ⇒ 0W-20 , 5.0L (5.2L)

・SH5 (07/12~12/10) ⇒ 5W-30 , 4.0L (4.2L)  ※EJ20 DOHC Turbo

・SH5 (07/12~12/10) ⇒ 0W-20 , 4.0L (4.2L)

・SG9 (04/2~07/12) ⇒ 5W-30 , 4.0L (4.3L) ※EJ25 DOHC Turbo

・SG5 (02/2~07/12) ⇒ 5W-30 , 4.0L (4.2L)

・SG5 (02/2~07/12) ⇒ 5W-30 ,4.0L (4.3L) ※EJ20 DOHC Turbo

 

カー用品店等で交換する場合は、それぞれの車の純正オイル粘度に近い物を選ぶのが基本です。

ここで注意してほしいのが寒冷地にお住いの方で、オイルは温度が低くなると流動性が失われて固くなります。

 

引用:https://www.subaru.jp/forester/forester/design/exterior.html

オイルが硬いままでは潤滑がうまくいかず、エンジンの始動性が悪くなったりしてしまうのです。

0W-20、0W-30といった軟らかいオイルは、積雪の多い地域の方でも安心してお使いいただけますよ。

 

ターボ車でハードな走行をされるような方は少し粘度を上げてみたりしてもいいかもしれません。

ディーラーでも取り扱いがある10W-50などは、高温時でも粘度を保つハイグレードオイルです。

しかし10Wという硬いオイルとなると、寒冷地では冬のエンジン始動性などは少し厳しいかと思います。

車のグレード、使用する時期の気候や乗り方に合った適切なオイルを選んでくださいね。

 

スバル車の水平対向エンジンには部分合成油か化学合成油が好ましいと言われています。

 

引用:https://www.subaru.jp/forester/forester/design/exterior.html

最もパフォーマンスに優れるのは化学合成100%オイルですが、製造コストもかかるので銘柄によっては非常に高価です。

大手カー用品店には水平対向エンジン専用の化学合成100%オイルも販売されていて、とても口コミが良いオイルも存在します。

 

オイルの選び方は人それぞれです。

「純正オイルが一番良いんだ!」、「こまめに交換するなら安いオイルでも良い!」などと色々な意見があります。

 

「安心を買いたいので、いつもディーラーで純正オイルを入れています。」

「あのオイルの評判が凄く良かったから入れてみたんだけど、本当に性能がよかった!」

どちらも正解ですし、選び方として間違いではないと思います。

その人の車の使い方やニーズに合うオイルを、適正なタイミングで交換してあげることが大切です。

 

 

【スバル・フォレスター】オイル交換の時期や費用は?

[オイル交換の時期]

オイル交換の時期やタイミングは、一般的に約1年または10,000km毎とされていますが、

理想的な交換タイミングは約6か月か約5,000㎞のどちらか早い方で実施と言われています。

雪の降る地域では、スタッドレスタイヤ交換と一緒に作業を行う方も多いですね。

 

また、エンジンオイルフィルター(オイルエレメント)の交換時期は約10,000kmです。

これは、エンジンオイル内部に含まれた鉄粉等を濾過する役割を担っています。

せっかくオイルを新品に交換してあげても、オイルフィルターが何万㎞も未交換であればすぐにオイルの性能低下を招いてしまいます。

 

引用:https://www.subaru.jp/forester/forester/utility/utility.html

5,000km毎のオイル交換でしたら2回に1回、10,000km毎の交換であれば毎回交換してくださいね。

さらに、ご自分でオイル交換をされる際は必ず「ドレンパッキン」の交換が必要です。

「ドレンワッシャー」とも呼ばれますが、オイルを排出する際に外すドレンボルトに付属しています。

ボルトを締め込む時に潰れることでオイル漏れを防止する役割がありますので、基本的に再使用はできません

ホームセンターやカー用品店、スバルディーラーにて1個100円程度で新品を購入することが可能です。

オイル漏れトラブルにも繋がりかねないので、必ず純正と同じサイズのものを使用してくださいね。

 

 

[オイル交換の工賃・費用]

オイル交換は車種やオイルの種類によって、店舗でそれぞれの料金が設定されています。

では、スバルディーラー、ガソリンスタンド、カー用品販売に分けて見ていきましょう。

※スバルディーラーの場合

スバル千葉さんでは、SUBARU MOTOR OIL 0W-20、5W-30 の交換は7,086円~とされています。

オイルは当然ですが、安心の純正です。

そして、この料金の中には工賃も含まれています。

もっとお得にしたいのであれば、スバルが発行しているクレジットカード「スバルカード」に入会すれば、年に一回ですが、スバル正規ディーラーにてエンジンオイル無料交換の嬉しいサービスがついています。

年会費1,750円(税別)と工賃は別途かかります。

仕様・年式によって料金が異なるようですが、工賃は800円位のところもあるようです。

 

引用:https://www.subaru.jp/forester/forester/design/exterior.html

※ガソリンスタンドの場合

ガソリンスタンドのエンジンオイルは、石油販売元メーカーのPB(プライベートブランド)オイルなので安心できる品質です。

オイル代金や工賃はお店によって違いますが、PB商品は自分のところの商品ですので、製造・流通コストがカットされている分安いことが特徴です。

オイルはグレードによって1,000円~3,000円/Lで、工賃は500円~1,000円が一般的なようです。

例えば、1,500円/Lのオイルを3.5L入れて、工賃が500円の場合は、5,750円になります。

注意点としては、エンジンオイルは、あくまで自分のフォレスターにあったものを選ぶことが重要です。

純正の推奨オイルを確認し、より近いもの・同じグレードのものを選ぶようにしましょう。

それからガソリンスタンドの場合は、オイル交換を素人同然のアルバイトが行うこともあるとの事。

ですので、そのガソリンスタンドに有資格者スタッフが居るか、また有資格者がやってくれるのかを事前に確認するようにしましょう。

 

※オートバックスの場合

オートバックスでのオイル交換は、全ての店舗で出来るわけでは無いので事前の確認が必要です。

ここでは、オートバックスグループ店舗でのピットサービスの一例としてご紹介します。

オートバックスでのオイル交換をするメリットは、専門スタッフのアドバイスを受けながらあなたの愛車に適合するオイルを自分で選んで入れてもらえることです。

しかし、オートバックスでのオイル販売は3Lまたは4L缶がほとんどの為に、あなたのフォレスターにちょうど良い量になるとは限りません。

少し多めに購入して余ったら、次回の時まで自分で保管しておかないといけないです。

あなたのフォレスターの必要オイル量を確認してから頼むと良いですね。

また、、オートバックスでのエンジンオイル交換の工賃の目安は500円~(税込550円~)です。

但し、会員入会時に選択出来るオイル会員は交換工賃が無料となります。

オイル会員になるには、オートバックス会員入会時に「入会費 1,000 円(税抜)」では入れます。

有効期限は1年間で継続するときには、期限内に「継続料 500 円(税抜)」で継続できます。

車両1台毎の契約になりますので、一台の車で長距離を長く乗られる方にはお得だと思います。

詳しくは、お近くのオートバックスに直接お問い合わせをして、確認してくださいね。

※イエローハットの場合

イエローハットでのオイル交換は、24時間ネットにて予約が出来ます。

イエローハットで販売されている中でお勧めは、オリジナルオイルで、車種により色々な種類がそろっていますので、あなたのフォレスターに合うオイルが必ずあります。

オリジナルですので、他のブランドのオイルよりお得に販売されています。

お店のプロに相談して、自分のフォレスターに合うオイルを決めると良いでしょう。

注意点は、オートバックス同様に販売されている量が、3Lまたは4L缶がほとんどですので、残った時の保管が必要になります。

オイル交換の作業工費は500円(税抜)~です。

会員は無料との事です。

会員になるには、「イエローハット Credit & Point カード」というクレジットカードへの申込が必要となります。

年会費は無料です。

こうしてみますと、お金に余裕が有るならば安心を買うといことからスバルのディーラーが良いですが、最もお得にというのであれば、イエローハットがお得です。

どちらにしても、依頼する前に事前の確認が必要です。

タイトルとURLをコピーしました