【スバル・フォレスター】タイヤサイズ? アップや交換情報紹介!

フォレスター

今回新発売となる「新型フォレスター」には、4つのグレードに分かれているため、タイヤサイズもグレードにより異なります。

そこで、「新型フォレスター」のタイヤについて紹介していきます。

【スバル・フォレスター】タイヤサイズ! 標準、オプションの適合は?

 

引用:https://www.subaru.jp/forester/forester/grade/grade.html#grade4

新型フォレスターの純正タイヤサイズは大きく分けて2種類あり、シーズン別タイヤを含めると3種類が純正タイヤとして公表されています。

グレード タイヤサイズ タイヤシーズン
ツーリング 225/60R17 サマータイヤ
X-BREAK 225/60R17 オールシーズンタイヤ
プレミアム 225/55R18 サマータイヤ
アドバンス 225/55R18 サマータイヤ

ツーリングとX-BREAKは、タイヤサイズは同じですが、ツーリングにはサマータイヤ、X-BREAKにはオールシーズンタイヤが純正装備されています。

X-BREAKは、コンセプトが「アクティブさを際立てたモデル」となっているため、悪走路な道でも対応できるタイヤを純正タイヤとして装着しています。

また、プレミアムとアドバンスが同じタイヤサイズでサマータイヤを装着しています。

引用:://www.subaru.jp/forester/

そしてホイールは、グレードによって異なります。

グレード ダークメタリック塗装+切削光輝 ガンメタリック塗装
ツーリング Touring用17インチ
X-BREAK  X-BREAK用17インチ
プレミアム Premium用18インチ
アドバンス Advance用18インチ

ツーリング、プレミアム、アドバンスは、「ダークメタリック塗装+切削光輝」だが、X-BREAKだけ「ガンメタリック塗装」となっています。

上記の写真を比べてみても、X-BREAKだけホイールの色が異なっていることが分かります。

因みにですが、タイヤサイズの見方をツーリングのタイヤを例に説明します。

ツーリングのタイヤサイズは「225/60R17」となっています。

まず、「225」という数字ですが、この数字はタイヤの直径を㎜で表しているため、ツーリングのタイヤ直径は22.5㎝となります。

次に、「60R」という数字ですが、この数字は60が偏平率で「R」がラジカルの頭文字を取っています。

偏平率とは、タイヤの直径からホイールの直径(H)を引いた数を、タイヤが地面と接する面積(W)で割って×100をした数字になります。

「R」というアルファベットはラジカルの頭文字になりますが、これはタイヤの構造がラジカル構造ということを表しています。

引用:https://www.y-yokohama.com/product/tire/displaytorule/

最後の「17」という数字は、タイヤのインチサイズ(リム径)を表しています。

また、それぞれのグレードの専用ホイールを装着しているため、デザインが異なります。

ホイール一つで車の印象はかなり変わるので、自分の好みのホイールを選ぶことをおススメします。

上記の4種類の写真は、標準装備のホイールですが、X-BREAKに関してはオプションとして、ホイールにオレンジ色のアクセントの付いている物もあります。

ガンメタリックのホイールにオレンジ色が加わることにより、ホイールが引き締まりとてもスタイリッシュな外観に変わります

しかも、「X-BREAK」の刻印が彫られているデザインとなっています。

街中でも、まだこのオプションホイールを装着した新型フォレスターのX-BREAKは見たことがないので、装着して走れば、とても格好良く見えるでしょう。


引用:https://www.subaru.jp/accessory/forester/exterior/

【スバル・フォレスター】タイヤサイズアップ! メリット・デメリットは?

今までは、あくまでも純正のタイヤサイズやホイールの紹介をしてきました。

しかし、自分で好きなタイヤやホイールをカスタムしたいという方は多いです。

なので今後もし、新型フォレスターのタイヤサイズをアップさせたり、ホイールをカスタムしたりした際に、どのようなメリット・デメリットが出てくるかを説明します。

新型フォレスターのタイヤをインチアップした際のメリット

まずは、タイヤをインチアップした際のメリットから説明していきます。

見た目が格好よくなる

タイヤをインチアップするほとんどの理由が見た目が格好良くなるからです。

タイヤのインチアップだけでも、見た目の印象はかなり違ってきます。

 

引用:https://www.falken.co.jp/inchup/guide/purpose.html

運動性能が上がる

上記の写真を見て分かるように、タイヤをインチアップすると、横の幅が薄くなっていることが分かります。

この横の部分は、車体の重さを支えている部分なので、これが薄くなるとタイヤの「たわみ」が少なくなるため運転操作する際の安定度が上がります

特に、中高速域ではハンドルがぶれにくく操縦安定性が向上します。

コーナリング性能が高くなる

タイヤの横の幅が薄くなることによって、操縦安定性が向上しますが、ハンドリングにも同じことが言えます。

少しハンドルを回すだけでとても素直にタイヤが反応してくれます

グリップ性能が上がる

タイヤをインチアップすると必然的に、タイヤの幅も大きくなります。

タイヤの幅が大きくなったことにより、地面に接地する面積が大きくなるため、抵抗が増えてカーブ時や制動時のグリップもよくなります

引用:https://www.subaru.jp/accessory/forester/sti/

新型フォレスターのタイヤをインチアップした際のデメリット

続いて、タイヤをインチアップした際のデメリットを説明します。

乗り心地が悪くなる

タイヤの偏平率が薄くなり、たわみが少なくなるので、タイヤ自体のクッションとしての役割が弱くなってしまいます。

クッションとしても役割が弱くなってしまうということは、ちょっとした段差や路面状況の悪い道を走っているとモロに体で感じてしまいます

フォレスターに快適な乗り心地を求めている方や、ファミリー向けにとって乗り心地が悪くなるというのは、大きなデメリットになります。

走行音が大きくなる

インチアップをすると、タイヤが地面と接する面積が増えますので、道路から拾う音が大きくなり、必然的に走行音も大きくなってしまいます。

 

引用:https://www.subaru.jp/forester/forester/special/photo.html

つまり、車内の静粛性が下がってしまうので、快適さは減ってしまうと思って下さい。

燃費が悪くなる

基本的に、ホイールを大きくして、タイヤを太くすると、重量は重くなります。

そして、タイヤが太くなると、タイヤが転がる際に接地面積が増えて、抵抗が大きくなります

抵抗が大きくなると走るために、その分パワーが必要となるので、どうしても燃費は落ちてしまいます

ハンドルが重くなる

メリットのところでは、「ハンドリングが素直になる」と説明しましたが、インチアップによるハンドリングにはハンドルが重たくなるというデメリットもあります。

というのも、タイヤが重くなり、接地面積も増えるため、ハンドルを回した時に重く感じるようになるからです。

 

引用:https://www.subaru.jp/forester/forester/special/photo.html

そのため、女性が運転する時など、人によっては運転しにくくなると思って下さい。

見た目が格好良くなるタイヤのインチアップですが、新型フォレスターは、純正のままでも十分格好良いデザインになっています。

タイヤに限らず、車をカスタムする場合は、メリット・デメリットをしっかり把握してカスタムするようにしましょう。

【スバル・フォレスター】タイヤ交換時期は? 交換方法は?

オイル交換やフィルター交換は頻繁にすることがあっても、タイヤ交換はなかなかしたことがなかったりする方もいらっしゃるでしょう。

まず、知っておいて頂きたいのが、タイヤは車と路面が接触する唯一の接点です。

そのため、走る、曲がる、止まるなどの走行機能に大きく影響します。

そして、タイヤの異常は、パンクなどのトラブルを招き、重大な事故を引き起こす危険もあるため、しっかりと知識を身に着けておくことをおススメします。

引用:https://www.subaru.jp/afterservice/maintenance/exchange03.html

タイヤの交換時期について

一般的にタイヤの交換目安は、以下の5つのうち1つでも当てはまれば交換をするべきです。

①タイヤの溝が浅くなった
②スリップサインが出ている
③キズやひび割れがある
④雨の日などに特に滑りやすい
⑤乗り心地や燃費が悪くなった

また、交換時期の目安としては、スリップサイン(残り溝1.6㎜以下)が出たら即交換してください。

タイヤの溝が1.6mm以下で走行していると道路交通違反になるので注意してください。

但し、タイヤ交換時期の目安の基準は、「舗装された道路を1年に10,000km程度の走行をした場合」を基準に定めらています。

なので、例えば、雪道をたくさん走ったり、舗装されていない山道や悪路走行をされた際は、通常交換距離の半分で、点検もしくは交換することをおススメします。

 

引用:https://www.subaru.jp/accessory/tire/elementary/

他にも、メーカー側が公表しているタイヤの消費期限は、4~5年となっています。

普段あまり運転しなかったり、炎天下の中で長時間駐車していたり、タイヤワックスを塗り過ぎても、タイヤは劣化します。

走行距離だけではなく、フォレスターを駐車している環境などでも、タイヤに影響を及ぼすということを覚えておいて下さい。

タイヤの交換方法について

タイヤは、車にとって非常に重要なアイテムです。

車の重量を支え、車の駆動力、制動力を路面に伝えるのがタイヤなので、タイヤが無ければ走らせることはできません。

しかし、SUV車である、新型フォレスターのタイヤは4本セットで購入する場合でも、国産タイヤだと決して安くはありません。

そこで交換をする前にまず、行ってほしいのが、「タイヤのローテーション」です。

 

引用:https://www.subaru.jp/accessory/tire/elementary/

タイヤローテーションは、前後のタイヤを入れ替える作業になるのですが、新車で購入した場合は、5,000㎞を目安にローテーションをしてください。

というのも、タイヤは車の重量や運転の仕方、路面状況によって、タイヤにかかる負荷が変動します。

そのため、タイヤの片側だけ極端に摩耗したり、センターだけ摩耗が激しかったりなど、偏ったタイヤの減り方をすることがあるからです。

そして、総走行距離が10,000㎞を越したら、全部のタイヤを交換します。

では、タイヤの交換方法についてですが、購入したお店に持って行くと「タイヤ代」や「工賃」を支払って、タイヤ交換をしてもらいます。

また、スバルの販売店や購入時のサービスで「工賃は無料」というサービスをしてもらっている方は是非活用しましょう。

もちろん、タイヤ交換は自分ですることも出来ますが、ジャッキアップをする必要があったり、クロスレンチを回すのが大変だったりと手間がかなり掛かります。

SUV車のフォレスターは特に、重量も重い車種なので、市販のジャッキアップでは大型のものでないと厳しいでしょう。

なので、タイヤ交換は、プロにお任せするのが一番安全です。

車を走らせる時に、人間で言うと足の役割を果たしているのがタイヤです。

少しの見落としが、重大な事故や道路交通法違反に繋がるケースも少なくありません。

日頃から、タイヤの消耗具合や走行距離などを気にして意識しておくことを心掛けましょう。

 

タイトルとURLをコピーしました