スバルフォレスターVSホンダヴェゼルの比較情報! どっちが好み?

フォレスター

少し系統の異なるスバルフォレスターとホンダヴェゼル。

どっちの車があなたの生活にマッチするのか、価格や大きさ、燃費で比較してみましょう。

スバルフォレスターVSホンダヴェゼルの価格を比較!

スバルフォレスターの価格

引用:https://www.subaru.jp/forester/forester/special/photo.html

スバルフォレスターの価格設定は非常にシンプルで、2,808,000円~3,099,600円となっています。

特別仕様車などはありませんから、必要なオプションを必要な分だけ追加できるというのは大きなメリットです。

 

標準でも充実した装備のTouring、エレガントなパーツを身に纏ったPremium、遊び心のあるスタイリングのX-BREAK、スバルの新しい技術”e-BOXER”を搭載したAdvance。

購入者の目線で考えられたわかりやすいグレード設定で、装備が充実している割には価格が抑えられているのがとても好印象です。

 

一方、ホンダヴェゼルの乗り出し価格はFF車で2,075,000円からですが、4WDの乗り出し価格だと2,181,000円~となります。

 

また、ホンダヴェゼルにはガソリン車とハイブリッド車がありますしHonda SENSINGの有無で価格が変わりますので、わかりやすく表にまとめてみたいと思います。

 

ホンダヴェゼルの価格

引用:https://www.honda.co.jp/VEZEL/webcatalog/styling/design/

ガソリン車

ハイブリッド車

かなり価格に開きがありますね。

運転支援システムのHonda SENSINGを付けるかどうかで11万円も違う上、ガソリン車とハイブリッド車の廉価グレード間でも38.5 万円の差があります。

 

引用:https://www.honda.co.jp/VEZEL/webcatalog/performance/active-safety/

 

こうして見てみると、ホンダヴェゼルの最上位グレードである”HYBRID RS”とスバルフォレスターの廉価グレードである”Touring”がほぼ同価格ですね。

ホンダヴェゼルの排気量が1.5L、スバルフォレスターの排気量が2.5Lなので価格差が大きいのは当然ですし、自動車税などの維持費も大きく異なります。

 

価格だけでなくボディの大きさや燃費を見ながら、それぞれのライフスタイルに合わせてどのような車が必要なのかをしっかりと見極めてくださいね。

 

スバルフォレスターVSホンダヴェゼルの大きさを比較!

ボディサイズで比較

どっちが大きいかは一目瞭然、サイズ・車両重量どっちを見てもスバルフォレスターの方が大きいです。

一見小さく見えるこのホンダヴェゼル、実は3ナンバー車なんですね。

 

5ナンバーの条件は ①車体サイズが全長4700mm以下、全幅1700mm以下、全高2000mm以下 かつ ②2000cc以下 となっています。

ホンダヴェゼルは全幅1770mmという項目で条件をオーバーしてしまいますので、3ナンバーの扱いになります。

 

引用:https://www.honda.co.jp/VEZEL/webcatalog/styling/rs/

ちなみにRSグレードだと全幅が1790mmというワイドボディになり、スバルフォレスターの全幅とわずか25mmの差になります。

しかし、3ナンバーだからと言って自動車税が高くなったりすることはないのでご安心を。

 

取りまわしのし易さで比較

ボディの大きさから考えてもホンダヴェゼルの圧勝だと思っていましたが…

なんと、ホンダヴェゼルのRSグレードよりスバルフォレスターのほうが最小回転半径が小さいという結果となりました。

「ボディが小さいから小回りが効く」とは一概には言えないのですね。

引用:https://www.subaru.jp/forester/forester/driving/platform.html

足まわりの設計が上手なスバルは、こういったところで実力を見せつけてくるわけです。

フォレスターは大柄なボディでも小回りが効くということは、かなり大きなメリットになるかと思いますよ。

 

室内サイズ・荷室容量で比較

残念ながらホンダヴェゼルの荷室サイズがわかりませんでしたので、客室サイズと荷室容量で比較してみましょう。

なんだかこの2台、比較すればするほど面白くなってきます。

ボディの全高が110mmも違うのに室内高は5mmしか変わらず、全長295mmの差も室内ではわずか80mmの差になっています。

 

引用:https://www.honda.co.jp/VEZEL/webcatalog/interior/cabin/

 

この辺はホンダヴェゼルのカタログを見るとわかりますが、頭上や後席をゆったりとした空間に設計しているようでポイントが高いですね。

もちろんスバルフォレスターも新しいプラットフォームを採用することで後席は広々とした空間になっていますよ。

 

引用:https://www.subaru.jp/forester/forester/special/photo.html

 

室内高にほとんど差がないのは、スバルフォレスターの最低地上高が220mmに対してホンダヴェゼルは170mmとなっていることも要因となっているでしょう。

荷室はボディの大きさに比例し、フォレスターの方が127Lも大きいサイズとなっています。

 

しかしホンダヴェゼルも負けず劣らず、リアゲート開口部を広く取って大きな荷物の積み込みもしやすいよう設計されています。

なんと燃料タンクを前席下に配置するホンダの特許技術「センタータンクレイアウト」によって、荷室高を83cm確保しているそうですよ。

 

引用:https://www.honda.co.jp/VEZEL/webcatalog/interior/utility/

 

荷室の積載力はフォレスターの圧勝ですが、ホンダのセンタータンクレイアウトもなかなか面白い発想ですね。

どっちがいいか?と聞かれると迷ってしまいますが、最後に燃費も比較してみましょう。

 

スバルフォレスターVSホンダヴェゼルの燃費を比較!

まずはホンダヴェゼルのエンジン2種の燃費を主要なグレードごとに見てみます。

ホンダヴェゼルの燃費

1.5L 直噴 DOHC i-VTEC エンジン

SPORT HYBRID i-DCD

ホンダヴェゼルはかなり低燃費に拘っているようですね。

ガソリン車に搭載されている1.5L 直噴 DOHC i-VTEC エンジンでもFF車では20km/lを突破しています。

 

引用:https://www.honda.co.jp/VEZEL/webcatalog/performance/driving/

 

平成29年から表示が始まっているWLTCモード燃費の公表はされていないようですが、街乗りではおそらく15km/l  前後になるのではないかと思います。

また、このエンジンと組み合わせられているCVTトランスミッションのメリットは燃費性能の向上だけではありません。

 

CVTは無段変速ですので、変速のショックもなく低速から滑らかに加速していくような特性を持っています。

車両の軽さと相まって、1.5Lという排気量でも気持ちの良いドライビングができるのではないでしょうか。

 

また、ハイブリッド車の燃費はベースグレードのFF車で27km/lと文句なしの数字が出ていますね。

4WDでも、高速走行時は20km/l 近い燃費になるのではないかと思いますよ。

 

次に、スバルフォレスターの燃費を見てみましょう。

 

スバルフォレスターの燃費

引用:https://www.subaru.jp/forester/forester/design/exterior.html

ホンダヴェゼルと比べると見劣りしてしまうかもしれませんが、2.5Lでボディサイズと車重を考えると平均的な数値かそれ以上になっているかと思います。

スバルに関しては低燃費路線よりも走りに拘る車づくりが得意で、フォレスターもそのマインドが注がれた一台です。

 

特筆すべき点はやはりAdvanceグレードに搭載されているe-BOXERでしょう。

排気量を2.0Lに抑えたことで不足するトルクをe-BOXERのモーター駆動によって補うようなシステムですので、電動ターボに近い感覚でしょうか。

 

引用:https://www.subaru.jp/forester/forester/driving/e-boxer.html

 

このエンジンはモーターを積んでいることで、2.5L DOHC直噴エンジンを積むグレードに比べると車重が約120kg 重くなっています。

それにもかかわらず市街地モードで11.2km/l という数字をたたき出すのは凄いことですし、とても魅力ある一台に仕上がっていると思いますよ。

 

いかがでしたか?

スバルフォレスターとホンダヴェゼルは価格・大きさ・燃費のどれを見ても「別物」というイメージがあるかと思います。

 

しかし、それぞれメーカー独自の個性が表れた仕上がりになっていると思います。

車の特性をしっかりと把握し、自分のライフスタイルにぴったりな素敵な一台を選択してくださいね。

 

タイトルとURLをコピーしました