福岡ももち☆ブルーライトイルミネーションのアクセスのおすすめ情報

イルミネーション

福岡の中でも有名な観光スポットの一つが「福岡タワー」です。

そして、福岡タワー周辺も「ももち☆ブルーライトイルミネーション」として、毎年非常に綺麗なイルミネーションが点灯しているため、カップルに人気のクリスマスデートスポットとなっています。

 

今回は、そんな福岡タワーももち☆ブルーライトイルミネーションへの詳しいアクセス方法をご紹介していきたいと思います。

2020年はももち☆ブルーライトイルミネーションの開催は、新型コロナウィルス感染拡大防止の観点から中止になっています。

ももち☆ブルーライトイルミネーションの開催場所のご紹介

福岡タワーのイルミネーションは

 

ももち☆ブルーライトイルミネーション

 

という名称で、福岡タワーを中心に周辺の街路樹を点灯させています。

そんな福岡タワーへのアクセス方法は、主に西鉄バスという私バスを利用するか地下鉄を利用するかになります。

JR博多駅や西鉄天神駅を利用される場合は、電車から降りて福岡タワー行きのバスに乗れば到着します。

 

  • 博多駅から乗車する場合:博多バスターミナル6番乗り場・バス番号306番バス
  • 天神から乗車する場合:天神バスセンター前1Aのりば・バス番号「W1番バス」か「302番バス」

引用:https://www.fukuokatower.co.jp/access/

この方法が一番解りやすくておすすめです。

会場近くまで車で行くのに便利なルートの情報

福岡タワーまで車で行かれるなら、都市高速を利用した方がおすすめです。

なぜなら、福岡タワーは都市高速沿いにあるからです。

最寄りは

 

百道IC

 

になります。

福岡タワー周辺には、あまり広くはありませんが一応専用駐車場もあります。

平日でしたら、比較的空いていることも多いので平日に行かれるのでしたら、車で行かれても良いと思います。

福岡タワー周辺の駐車場情報に関しては、以下の記事でご紹介していますので参考にしてみてください。

 

福岡タワーももち☆ブルーライトイルミネーションの穴場駐車場はこれだ!

 

電車で行く時の会場までのおすすめルートを紹介

地下鉄を利用される場合は、地下鉄空港線に乗り西新駅で下車→徒歩かバスに乗れば福岡タワーへ行けます。

引用:https://www.fukuokatower.co.jp/access/

ただし、ルートでも説明している通り、一度「西新駅」で下車して徒歩かバスに乗り換える必要があるため、少し手間が掛かってしまいます。

もちろん、休日などは交通機関を利用して行かれた方が良いです。

 

しかし、出来れば「博多駅」や「天神駅」のような、大きなターミナル駅からバスを利用した方が分かりやすいかと思います。

アクセス方法のまとめ

今回は、福岡タワーのイルミネーションを観に行く際のおすすめのアクセス情報をご紹介してきました。

今回の内容をまとめると以下の通りです。

 

  • 車で行く場合:都市高速を利用し「百道IC」で下車するルートが分かりやすい
  • 電車で行く場合:地下鉄「西新駅」を下車し、徒歩かバスを利用する
  • バスで行く場合:博多駅なら「6番乗り場・306番バス」・天神駅なら「1A乗り場・W1番バスor302番バス」(←一番おすすめ)

 

カップルのデータでありば、この中でも一番のおすすめは、「博多駅または天神駅からバスで行く」です。

車での渋滞や駐車場の心配も無いですし、彼女を歩かせたりもしなくて済みます。

詳しいと思われて頼もしく思われるかもです。

 

福岡タワーは福岡の中でも人気の観光スポットになります。

平日なら車でも大丈夫だと思いますが、土日祝日は出来るだけ交通機関を利用した方がスムーズに辿り付けるのではないかと思います。

福岡タワーのイルミネーションは、タワー全体が光り輝くのでカップルにも非常に人気です。

 

ぜひこの機会に一度訪れてみてください。

タイトルとURLをコピーしました